フリーランスSEエージェント

現役フリーランスエンジニアが絶対後悔しない登録すべきエージェント5選

フリーランスエンジニアなりたい。
でも自分で営業して案件を取ってくるなんて無理。
そんな方はエージェントに登録して案件を紹介してもらましょう!

こんにちわ。クワーク(@クワーク)です。
私もエージェントに登録して案件を紹介して貰っています。
エージェントには個々に色んな特徴があるので、ちゃんと選んで欲しい(^^)

せっかく良いエージェントがあるのにそれを利用しないなんて勿体無いですよね?
そこで私が選りすぐりのエージェントを紹介したいと思います。
私もエージェント選びではとても悩みました。
沢山登録して失敗した過去もあります。

その失敗した過去を踏まえて良いエージェントを厳選しました。
私が良いと思うエージェントは以下を基準に選んでいます。

最低2つ、余裕があれば3つのエージェントに登録するのが良いかもしれません。
多くても5つです。
それ以上は多いので控えましょう。

私がおすすめするエージェントの選定基準は

  • 規模・実績
  • 将来性
  • 独自サービス

です。
これらを基に私自身がフリーランスになって好条件の案件にアサインでき、高単価・低稼働で生活が豊かなれるだろうと思ったエージェントを選んでいます。
あなたにとってもきっと、力になってくれると思います。

 

≫私の単価が知りたい人はコチラから

【単価大公開】現役フリーランスSE1ヶ月目!私の単価は¥○○○万フリーランスで気になることの1つ。それがお金ですよね。もちろんお金が一番の理由ではない人もいるでしょう。でも実際に現役フリーランスSEがどのくらい貰っているのか気になりますよね?さらにどんな条件で働いているのかも気になりますよね。なのでそんな気になることを今回ぶっちゃけちゃいます。私の例はほんの一例ですので(^.^;...

 

おすすめフリーランスエンジニア専門エージェント

レバテックフリーランス(※登録必須)

最大手です。案件保有数も業界最大級!特にWeb系に強く、高単価案件多数保有。
案件保有数が多いということはそれだけ好条件の案件に巡り合う確率があがります。
案件参画中のフォローも充実していて、人材担当・企業担当・フォロー専門と3方向からのフォローして貰えます。
参画優待サービスという福利厚生のような独自サービスもあります。
1つ目のエージェントとして間違いなくおすすめ!
案件保有数 1,100件以上
マージン率 10%〜20%(推定)
地域 関東・大阪
支払いサイト 15日サイト(月末締め翌月15日払い)
その他 平均年収801万円、130万超えの高単価案件あり

詳細ページ公式ページ

Midworks(※登録必須)

正社員待遇のフリーランスと書いてあるとおり、正社員とフリーランスの良いとこ取りをした新しい働き方を提案してるのが特徴であり最大の強みです。
クラウド会計ソフトfreeeの個人事業主プランが無料利用、各種保険の紹介・保険料の半額負担、万が一案件が途切れた場合の給与補償制度、ホテル・レジャー施設の利用など会社員と同等の福利厚生が充実しており、不安が多いフリーランスをバックアップしてくれます。
ここまで保証してくれるエージェントは他にありません。
案件保有数 3,000件以上
マージン率 10%〜15%
地域 関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)
支払いサイト 20〜35日サイト(案件によって変動)
※20日の場合:月末締め翌月20日払い
※35日の場合:月末締め翌々月5日払い
その他 クライアント単価を全て公開

詳細ページ公式ページ

ギークスジョブ

業界15年の信頼と実績は伊達じゃありません。
その証拠にギークスジョブに登録したフリーランスの約8割が案件決定しています。
さらに各種セミナーや交流会が盛んに行わえており、登録者そこでスキルアップや情報交換ができる。
フリーランスエンジニアのことを理解していて知識や技術に専念して欲しい思いから契約書作成などの事務作業を代行してくれます。
業界内に悪い噂が立っている企業とは付き合わないようにしているそうです。
案件保有数 取引企業数3,000社、登録エンジニア数12,000名
マージン率 10%〜20%(推定)
地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・大阪・福岡
支払いサイト 25日サイト(月末締め翌月25日払い)
その他 平均年収780万以上 契約決定率80% 3名体制→1名をサポート

詳細ページ
公式ページ

ハイパフォーマンス

14年以上の信頼と実績により直請け案件・上場企業案件が多く、結果高待遇案件多数
ITコンサル支援をメインに行なっているため、エンジニアからコンサルへのキャリアアップにも強く、今後コンサルへキャリアップを考えている人は登録必須のエージェントです。
福利厚生サービスや税理士紹介サービスもあり、フリーランスの雑務作業についてもサポート体制が整っている。支払いサイトが短いのも魅力!
参画後のフォロー体制も強み。
案件保有数 非公開
マージン率 非公開
地域 関東圏(東京・神奈川・千葉・埼玉 etc)
支払いサイト 15日サイト(月末締め翌月15日払い)
その他 平均報酬80万以上 プライムベンダー案件93%以上

詳細ページ公式ページ

ポテパンフリーランス

フリーランスエンジニアのみを対象に案件を紹介しているのが強みです!エンジニアに特化しているためこちらの気持ちもよく理解しています。
案件紹介以外にもフリーランスになると保険や税金についても自分でやらなければいけませんが、そのサポートもしてくれます。
プログラミングスクールも運営しているので未経験からエンジニアになりたい人が多く利用するみたいです。なので若いエンジニア・経験が浅いエンジニアに強いエージェントです。
案件保有数 非公開(毎月700件程増えているそうです。終了する案件もある)
マージン率 非公開
地域 関東・大阪
支払いサイト 30日(締め日翌月の30日払い)
その他 Web場で公開されていない案件多数

詳細ページ公式ページ

フリーランスエージェント登録の心構え

エージェントは星の数ほどあります。
とりあえずココと、ココが良さそうだから登録しておこう
では駄目なんです。
というかおすすめしません。

冒頭でもお話しましたが、最低2つ、多くても5つが良いと私は思っています。
理由は、適当にいくつものエージェントに登録すると、結局どこも利用せず、登録したことに満足してしまい先に進まなくなってしまうからです。

フリーランスエージェントは上記以外にも常駐案件に強いエージェントやリモートワークの案件に強いエージェントもあります。
参考:【特徴別】フリーランスエンジニア特化型エージェント一覧【まとめ】

気になるエージェント全てに登録するのは危険です。
後ほど「フリーランスエージェント登録後の流れ」でもお話しますが、登録したらあなたの経歴や希望単価など案件を紹介してもらうための条件をヒアリングする面談があります。

その面談は仕事が終わった後に行うことが多いかと思いますが、気になるエージェントに全て登録した場合、その数だけ面談を行うことになります。
エージェント側もあなたに案件を紹介したいと思っているため、メールや電話で連絡してくれます。

登録しすぎることで、メールや電話の対応で大変になり、そこでパワーを使ってしまうんです。
勿体無いですよ。
違うところでパワーを使いましょう!!

ベストは3つですね。
3つのフリーランスエージェントに登録しておけば、良い案件、高単価、低労働時間、自宅から近い案件など、あなたにとって好条件の案件に出会える可能性がグーンと上がります。

フリーランスエージェント登録後の流れ

ここではエージェント登録後の流れを説明します。

一般的な流れは

  • エージェント登録
  • エージェント担当者と面談
  • 会社に退職の意思を伝える
    (退職日が決まったら担当者に連絡)
  • 担当者からいくつか良さそうな案件が紹介される
    (稼働日の1ヶ月前くらい)
  • 担当者と一緒にクライアント企業の方と面談
  • 参画が決定したら退職日までまつ
    (その間でフリーランスになる準備をする)

こんな感じです。
一般的にエージェントに登録したら、エージェント側から連絡がきます。

連絡の内容は

  • あなたの転職の意思があるか
  • 退職日は決まっているか
  • 経歴

この辺を聞かれると思います。

私の場合、とりあえず話を聞いてみたかったので、転職の意思はあると伝えました。
意思が強いか弱いかは別として、フリーランスとしての働き方に興味あったので、生の声が聞きたかったのです。

もちろんエージェントを登録した時点では退職日は決まっていません。
というか上司にすら、誰にも言っていませんでした。
そのくらいの気持ちでエージェントに登録しました!

経歴についてはあなたの会社でも経歴書を管理していると思います。
なのでフォーマットはなんでも良いので、会社の経歴書を印刷して持っていけばOKです。
もし会社の経歴書がない場合は、「エンジニア 経歴書 フリー」でGooale検索すればダウンロード可能なので、ダウンロードして作成しましょう。

この段階でエージェント側が一番望んでいることはあなたに直接会って話したいとうこと。
なぜかと言うと、会ってあなたがフリーランスとして働く条件や希望単価を聞くためです。
それがないと案件探しができませんからね(^.^;

私が登録した時思っていたことは、エージェント側はフリーランスになってもらうために必死で勧誘してくるだろう。
良いことばかり言って唆(そそのか)してくる、と思っていましたwww

でも実際会ってみて思ったのは、どの担当の方も真剣にこちらの要望を聞いてくれましたね。
敵ではなく味方なんだと感じました。
初め会うのもちょっと怖く、不安でしたが、色々フリーランスの話も聞けるし、フリーランス化のアドバイスや、会社へ退職の意思を伝える良い方なども教えてくれました(^^)
(会社へ退職したいと伝えるのかなりパワー使うんですよね😓)

エージェント担当者が一番悲しむことは連絡が取れないことです。
あなたの為に動きたくても動けないからです。
担当者はあなたのために好条件の案件を提案したいのです。
それが仕事です。
あなたと話すことが担当者の初めの仕事になります。

なので私が言いたいことは、まず会ってみて欲しいということです。
会ってみないことには何も進みません。
フリーランスに興味がある、なりたい、と思うだけで終わってしまうのです。

もしいきなりエージェントに会うことに抵抗がある場合は、まずは私に相談でもOKです!
私で応えられることがあれば、応えます。
ついこないだまで会社員→フリーランスで悩みまくりましたからね(T_T)

まとめ:エージェント登録フリーランスの第一歩

私はエージェントの登録がフリーランスの第一歩だと思っています。
もちろん登録しただけでは意味がないので、エージェント担当の方とコンタクトを取るのも必須です。

そこに抵抗がある場合は、まず私に連絡でも良いです。
何でもお答えしますよ!

実際にエージェントに登録して、そこからエージェント担当の方と会う人は全体の5割もいないでしょう。
さらにそこからフリーランスになる方は2割いるか、いないかだと思います。

その2割に入った人だけがフリーランスとしての新しい人生が待っています。
本当にフリーランスを考えているのであれば、2割に食い込みましょう。

フリーランスになりたいと思い結局なれずじまいの人は沢山います。
そしてその多くはあの時挑戦しておけば良かったと言います。
逆にフリーランスになった人は、もっと早くフリーランスになれば良かったと言います。

一度きりの人生です。
後悔のない判断、人生を送りましょう。
その過程に私が協力できることがあれば、協力しますよ!
何でも聞いて下さい。