現役フリーランスSEの近況報告

【単価大公開】現役フリーランスSE1ヶ月目!私の単価は¥○○○万

今回は誰もが大好きな単価のお話、お金のお話をしたいと思います。

ども。フリーランスSE1ヶ月目のクワーク(@クワーク)です。

この記事を読んでいるということは、少なくとも

●フリーランスのお給料が気になった

●フリーランスに興味がある

どれかかなと思います。

やっぱり人のお給料って気になりますもんね。
正確にはフリーランスなのでお給料ではなく売上になるので手取り額とはちょっと意味合いが違うのですが。。。

これからフリーランスSEを考えている人にとっては単価って気になるし、現役のフリーランスSEの単価、しかもフリーランス1ヶ月目の人の単価を聞けるってあまりないと思います。

もしあなたがフリーランスSEを検討されていて、「実際どのくらいお金が貰えるのか」という悩みで中々フリーランスの決断ができないのであれば、本文はとても参考になるのではないかと思います。

私の単価で良ければいくらでもお教えします。
それがあなたの決断のアシストになるのであれば大変嬉しいです!

 

▼関連記事
フリーランスになってからが大事!エージェントも紹介してくれるぞ!

現役フリーランスSEが勧める会社員→フリーランス転身したい方向けの初歩的講座フリーランスになりたいSEは沢山いると思います。ですが一歩踏み出せない方が大半でしょう。それは色々な不安があるからだと推測します。私も同じ気持ちで数年間もやもやとして動き出せませんでした。その時重い腰を上げ受講したセミナーが私の人生を変えましたね!このセミナーはフリーランス化を目指す人には是非受講して欲しいセミナーです。...

 

新米フリーランスSE1ヶ月目の単価

もうウダウダ言ってないで早めにぶっちゃけちゃいましょう。

私の単価は60万円です。

この金額を聞いて少ないとか、多いとか、ピンとこないなど色々あるかと思います。
ちなみに上記の金額が銀行に振り込まれる金額です。
これが現実です。

フリーのSE業界は多くの方がエージェントと契約して仕事を受注するケースかと思います。
私もエージェントと契約しています。

よってエージェントからのマージン(中抜き)は発生します。
上記の金額はマージン発生後の金額です。

この金額が銀行に振り込まれ丸々使えるかというと、それはNOです。
それは税金のことを考える必要があるからです。
だから完全な手取り額ではないことを注意して下さい。

フリーランスSEという職種について

SEとは幅が広い職種です。

実際にSE(システムエンジニア)といっても、業界も違えば働くスタンスも異なります。
例えば、ホームページ作成などを行うWEB系は自宅で作業ができますし、企業向けのアプリを開発していたりするとセキュリティの関係から客先に常駐する常駐SEなんてのもあります。

ちなみに私は後者の常駐型のSEです。
私が契約しているエージェントさんがお仕事を獲ってきて、その獲ってきた会社さんに出向いてそこで作業をします。

なので契約の期間単位で勤務地が変わるイメージです。
半年間は渋谷の常駐先、契約終了したら次の常駐先は千葉県なんてのもあり得ます。
(まぁフリーランスなのである程度場所の融通はききますけどね)

単価の妥当性〜私の働き方

 

私の単価60万という数字ですが、私は妥当な金額かな〜と思っています。
これから常駐型のフリーランスSEを考えていて「もっと貰えると思っていた」と落胆しているかもしれませんが、この金額にはそれなりの理由があります。

それは契約条件に関係してきます。
契約条件というのは勤務時間や、残業代(超過精算)が発生する稼働時間(上限〜下限)の話です。

私の今月(2018年07月)の稼働時間は「130時間」です。
この時間を聞いてどうですか?
魅力的に感じませんか?

私の勤務時間は「9:30 〜 17:30」の7時間労働です。
残業はありません。
毎日夕方5時半に仕事が終わり帰宅しています。

そしてお休みも貰っています。
今月は3日も休んでいます(笑)

これで全然OKなんです。
毎朝9:30に出社し、17:30に帰る。
これで月60万貰うのって決して悪い条件ではないと思います。

業務内容については、人事システムを利用しているエンドユーザからのお問い合わせを、システム担当チームへ伝えるのが私の仕事です。
エンドユーザと開発チームの架け橋となるのが役目です。
難しいコーティングをしているとか、責任あるポジションについているわけではありません。

自分で言うのもなんですが、とても働きやすい現場に巡り会えたと思います。
案件の話をエージェントから聞いたときは、勤務時間を聞いただけでココだ!となり、常駐先との面談を頑張りましたね〜w

単価アップは可能なのか

さてこの60万という数字、私は満足しています。
でもフリーランスとなった以上、もっと稼ぎたいという声もあると思います。

私の場合ですと、もっと高単価は目指せたと思います。
理由としては

・SE歴10年、ずっと金融系に携わってきた
・金融系の中でも市場系と言われるニッチな分野をやっていた
・マネージメントも経験している
・上流から下流までできる

この経験があるので、少なくとも今までの経験を活かす職場であれば、単価70万は貰えると思っています。
年収にして現状より120万アップです。
月10万、年120万アップは大きいですよね?
(正確には年収ではないのですが。。。)

ですが私は稼働時間重視で案件を選びました。
理由としては早く帰りたいからです!
早く帰って家族との時間を確保したい、そしてブログも書きたい。
その思いが強かったので、稼働優先で今の現場を選びました。

今の現場でも単価アップは見込めます。
契約が3ヶ月単位なので契約更新の際に単価アップの交渉をして認められれば単価を上げて貰えます。
そのためには自分の実力を認めてもらい、さらに現状の単価以上の価値を相手に提供していなければ単価アップは難しいでしょう。
そこは実力の見せどころですね。

最後に思うこと

今回私の単価を公開しましたがどうでしたか?

単価といっても、働き方ひとつでピンキリです。
何を重視するかで上げることもできます。
(稼働なんて気にしない、めっちゃ稼ぎたいのであれば、高稼働案件に入り残業代で稼ぐこともできます)

あなたが何を重視するかだと思います。
お金なのか、時間なのか、そこは自分の中で決めたほうが良いでしょう。
それによって単価、働き方が変わってきますからね。

本文を見てなんとなく自分が働くイメージが想像できましたか。
想像することは大事です。
早く家に帰り家族と過ごす、または自分の好きなことをするのか、沢山お金を貰って欲しい物を買うのか、想像してみましょう。

私も受けたフリーランスSEに特化したセミナーを紹介

私がフリーランスに興味を持った際に受けたセミナーです。
フリーランスとして働き方はもちろんですが、お金のこと、フリーランスになってからのフォローアップもしてくれて今もセミナーの講師の方とは頻繁に連絡を取っています。

もしフリーランスSEへ一歩踏み出せないでいるなら是非受けて見て下さい。
一歩踏み出せるかもしれませんよ!