フリーランスSEへの道

現役フリーランスSE推奨|フリーになる前に読むべき書籍を厳選しました。

私はフリーランスに興味を湧き始めたとき、まず初めに行ったのが書籍からの情報収集でした。
周りにフリーランスの人がいなく、インターネットの情報もあまり信用できないと思っていたからです。

そして2つの書籍に出会います。
この2つの書籍は私のフリーランス人生になくてはならない書籍です。

この書籍がなければ私はフリーランスになれなかったでしょう。
そう言っても過言ではありません。
この2つの書籍が私を背中を押してくれたのです。

とてものお世話になった、今でもお世話になっている書籍なので、今フリーランスになろうか悩んでいるあなたにも是非読んで欲しいです!

この書籍はあなたの味方になってくれるでしょう。
絶対に損はしませんよ!

フリーランス、特にエンジニアの人に読んで欲しい書籍

まず初めに私がフリーランスとは、フリーランスSEとは、どんな物なのかを知りたいと思い、実際のフリーランスエンジニアとして働いている方の書籍を購入しました。

それがコチラです。

エンジニア界では有名な三好康之さん著の書籍です。

三好康之さんについて

株式会社エムズネット代表。大阪を主要拠点に活動するITコンサルタント。
本業の傍ら、SE向けの資格取得講座や階級教育を担当。高度区分において驚異の合格率を誇る。
保有資格は情報処理技術者全区分階級制覇(合計19回合格)をはじめ、ITコーディネーター、中小企業診断士などを多数。
代表的な著書に「勝ち残りSEの分岐点」「ITエンジニアのための【業務知識】が分かる本」「情報処理教科書プロジェクトマネージャ」(以上翔泳社)ほか、雑誌等の執筆も多数。

引用:フリーランスSEとして生きる道 著者紹介

 

こちらの書籍は何と言っても網羅性が素晴らしい
エンジニアのフリーランスならお任せって感じです。

  • そもそもフリーランスとは?
  • フリーランスのなるきっかけ
  • フリーランスのなり方
  • フリーランスのメリット・デメリット
  • フリーランスエンジニアの働き方
  • フリーランスになってからのお話
  • フリーランスとして生きて行くために必要なノウハウ

もっと色んな事が書かれているのですが書ききれません。

これらの内容は三好さんの実体験を共に書かれています。
読者が一番知りたいのってただの知識ベースの内容ではなく、実際に体験した実体験ベースの話じゃないですか!

あなたもそうではないですか?
やっぱり体験談のほうが納得感がありますよね。

 

私はこの書籍でフリーランスSEとはどんな働き方なのか、どんな生活を送っているのか、さらに一番気になるお金の部分も知ることができました!

世の中にこんな働き方あるのか!と鳥肌が立ちましたよw
もちろん良い話ばかりではなく、会社員との違いやフリーランスになってフリーランスとして働いていくための注意点なども書かれているためアフターフォローも万全!

書籍評価ではいい評価もあれば悪い評価もあるようです。

Aさん
フリーランスの事が知りたくて手に取りました。仕事が大好きで、常に学んで行く姿勢が必要だなと思います。
簡単な入門書といった感じ。
ただやはりフリーランスとして働く具体的な方法は記されておらず。人それぞれなので自分で試行錯誤してみつけるしかないんだろうな。
そのための導入になる本だと思います。

Bさん
フリーランスを目指すきっかけになりました。

自分のしたいこと、これからすべきことが見えてきます。

Cさん
## 概要
フリーランスSEとして行きていく上での心構えが書かれている。
他の人へのインタビューの内容も掲載しながら,検討,準備,安定化などが書かれている。

「勝ち残りSEへの分岐点」がまあまあよかったので,興味を持って読んだのだが,内容がいまいちだった。

書かれている内容が心構えだけで,具体的なことがあまり書いていなかったからだ。具体的に,フリーランスではどのように仕事を取るのか,どういう流れになるのかといった具体的なところがなかった。ここが知りたかった。

一般的な事柄と著者のポジショントーク的な内容が大半を占めており,300ページとそれなりの文量にも関わらず内容はあまりなかったように感じた。

## 結論
フリーランスSEとしての心構えが書いてあった。ただし,具体的な仕事のとり方があまりなかったので,自己啓発本の域をでなかった。

「勝ち残りSEへの分岐点」がまあまあよかったので期待していたのだが,期待はずれだった。

引用:楽天BOOKS

 

私的には本当にタメになる書籍だと思っているので、是非一読して欲しいです。

フリーランスに欠かせない税金・保険について学べる

2つ目はフリーランスは切っても切り離せない税金や保険を分かりやすく説明してくれている書籍です。

それがコチラです。

会社員って税金や保険についてあまり意識しなくても会社が色々とやってくれるじゃないですか!
だから結構税金や保険について無知なんですよね。

私もフリーランスになりたいと思い

  • 税金の計算方法
  • 健康保険はどうしたらいい?
  • 確定申告は白?青?
  • 開業届はどうやって?屋号は必要?

など色々と調べました。
でもこの手の話は難しいので中々頭に入ってこない・・・

そこで出会ったのがきたみりゅうじさん著の「フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。」でした。

本当に分かりやすく解説されているんです。

  • 税金の基礎・考え方・種類
  • 社会保険・年金の基礎・種類
  • 確定申告とは、記帳のこと
  • 青色確定申告のこと
  • 消費税のこと
  • ゆくゆくは見据える法人化のこと

これらの情報がキャラクターを用いた会話調になっていて楽しく理解できるので、スッと頭に入ってきます。

とても分かりづらいジャンルだからこそ読みやすさを重視して欲しいですね。
フリーランのとって税金・保険はとても大切です。
自分の収入に直接影響して来ますし、節税についても知識がある・ないでは手元に残るお金が変わってきます。

損をしないためにも税金・保険の勉強は必要です。
その手助けとなるのがこの書籍だと思っています!

Amazonの評価を見ると100件以上のレビューがあり、評価も良いです!

Aさん
内容が定期的に更新されているとの事なので、10年ぶりぐらいに買い替え。
【2019/03/17にAmazonで注文、第33刷(2018/10/20)が到着】しました。

「配偶者控除」「扶養控除」「所得税・復興特別所得税額の速算表」「法人税」などの記述がアップデートされていました! 相変わらず内容は分かりやすく、実践的で素晴らしいです。4コマ漫画など面白いのも良いですね。

※ 日本実業出版社さまへの要望:公式サイトに改訂履歴を記載して頂きたいです。

初版(2005/12/10)の発行日は古いですが、たしかに内容が更新されているのでオススメします!

Bさん
フリーランスに興味ない方にも、おすすめです。
税金の基礎について、わかりやすく書かれています。

Cさん
この本はスゴいです!

何ぼ知識もない私が読んでも分かりました。

他の本ではいまいちパッと頭に入りませんでしたが、
この本は一回よんだだけで、要点が頭に入ります!
あと、改訂もされていたので良かったです。

Dさん
フリーランスになって、一ヶ月。
まず立ちはだかるのが税金まわりの壁。。
フリーランス系のハウツー本をいくつかあさりましたが、経理系に関することをこんなに丁寧に書いてある本は、なかなかないです!とっても勉強になりました!
書いてある数字はもちろん古くなっていてはしまうと思いますが、制度そのものはほとんど変わらないので、全体概要を掴むために、読んでおくべき一冊です!

引用:Amazon

 

評価からも分かる通りやはり良本ですね!
これは間違いなく買いですよ。
本当に基礎から応用まで学べます👍

まとめ:手元に置いておきたい良本です

今回紹介した2つの書籍はいかがですか?
どちらも私にはバイブル的書籍です。
これらの本を読んだことで私のフリーランス人生が始まりました。

今の時代インターネットでタダで学べる時代です。
ですが、やはり良いものってそれなりの対価が発生すると私は思っています。
そして長く愛されています。

これからフリーランスを目指すのであれば期待を裏切らない内容になっています
是非一読して、フリーランスとしての一歩を踏み出して下さい。

 

PS その他にフリーランスについてお悩みの方
もし何か質問したいことがありましたら気軽に質問下さい!
どんなことでも結構です。
質問お待ちしております(^^)