オピニオン

【終身雇用難しい】相次ぐ限界発言に会社員困惑【安心しろ道はある】

あなたは新卒で入社した会社で定年になるまで働くつもりですか?
1回位はステップアップの為に転職したいけど、その後はその会社で落ち着きたい。
そんな事思っていませんか?

こんにちは。クワーク(@クワーク)です。
私も新卒で会社に入社した時は「ここでずっと働いて出世するんだ」そう思っていました。
ですが今、トヨタ自動車の豊田章男さんのある言葉が話題を呼んでいますよね。

「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」

※インセンティブ
会社側で決められた目標を達成したときに、通常の月給とは別に会社から支給されるボーナスのようなものです。

 

経団連の中西会長も同様の発言をしています。
なぜこのような事を発言したのでしょうか。
この発言が意味することとは。

本記事では”終身雇用難しい”発言の意味・意図、さらに「会社員は今後どのようにしていかなければいけないのか」をお伝えします。

会社員の方はとても不安だと思います。
その中でも40代以降の方はもっと不安だと思います。
もしかしたら数年後、いきなり会社を去ることになるかもしれない。

本記事を呼んで、今できることをしましょう。
会社から脱依存です。
あなたならできます!

そもそも終身雇用とは

トヨタ自動車の豊田章男社長、経団連の中西会長の発言で目にすることが多くなった終身雇用。
そもそも終身雇用についてあなたはどのくらい理解していますか?

終身雇用とは

同一企業で業績悪化による企業倒産が発生しないかぎり定年まで雇用され続けるという、日本の正社員雇用においての慣行である。長期雇用慣行(ちょうきこようかんこう)ともいう。

引用:wiki

 

終身雇用は決まりではありません。
あくまで慣行、昔からのならわしです。

近頃では「終身雇用の崩壊」なんてワードも目にすることが増えて来ましたよね。
実際大手企業が早期退職者を募集しているというニュースもちらほらあります。

もはや終身雇用の問題は今に始まったことではなく、既に始まっているんです。
これに気づけてる人、気づいていない人でこれからの未来に差がつきそうですね。

「終身雇用難しい」その理由は

豊田章男社長がなぜこのような発言をしたのか。
あなたはご存知ですか?

理由はコストです
社員を定年まで雇用し続けるということは、それだけコストも掛かります。
さらに政府は今後、「70歳までの雇用を義務つける」と話しているので、さらにコストが嵩みます。

トヨタ自動車は世界で戦っているグローバルな会社です。
世界で見るとやはり日本の人件費はとても高い。

日本人で高い人件費を払うのと、海外で安い人件費を払うのとどちらがいいでしょうか。
最近は海外でも品質が高く、若くて優秀な人はたくさんいます。
そうなるとどうしても60歳以降の人件費が高い社員を雇い続けるメリットが会社にはないのです。

さらに豊田章男社長はこんなことも言っています。

 

中途・派遣社員が増えている。
やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている。

 

この発言から読み取れることは、「若くて人件費が安い人を積極的に採用し、古くて高い人は排除せざる負えない」そう言っているように思います。

グローバルで戦うトヨタだからこそ、今のままでは世界で戦って行けないということなのでしょう。
そのためにコスト減が必須だと。

終身雇用崩壊→どうする会社員

終身雇用が崩壊し始めている中で会社員は今後どのようにしたらいいか。
何をしらたいいのかを考えなければいけません。
いつ終身雇用が崩壊してもいいように準備が必要です。

その準備というのが、第二の収入源を持つことです。
セカンドキャリアです

昨今働き方改革などで副業ができる会社も増えています。
この副業ですが、ただアルバイトをしていたのでは意味がありません。

詳しい話は【副業】サラリーマンは今すぐセカンドキャリアを持つべき【脱社畜】で解説していますが、セカンドキャリアを目指すのですからビジネスとして考えるべき。
そのための副業です。

そんなに固く考えないで下さい。

  • 自分の得意分野についての講師
  • 書くのが好きだからWebライター
  • 農家にチャレンジ

本当に何でもいいんです。
まずは自分が好きなこと、興味があることから初めて見て下さい。

セカンドキャリを持つことで会社依存から抜け出せます。
脱会社依存です。
そうすれば終身雇用が崩壊してもある程度の収入源は確保できるのですから安心ですよね?

副業が楽しくなりある程度稼げるようになれば、副業を本業にキャリアチェンジすることもできます。
自ら早期退職するパターンです。

セカンドキャリを持つことは色んな可能性を秘めています。
ただお小遣いを稼ぐ目的ではなく、今後のキャリア形成のために副業にチャレンジしましょう。

【副業】サラリーマンは今すぐセカンドキャリアを持つべき【脱社畜】セカンドキャリを持つことはこれから当たり前の時代になってきます。今からでも全然遅くありません。セカンドキャリアについて真剣に考えてみましょう。セカンドキャリアを持つことで、①収入アップ、②脱社畜、③キャリアチェンジが見込めます。これからは自由に働く時代です。時代に乗り遅れないようにしっかり先を見据えましょう。...

 

まとめ:即行動で恐れなし

私が思うに終身雇用は今の時代に合っていません。
もう昔の話です。

今は一つの収入源で生きていくのには厳しい時代です。
不安でしょうがないです。

それは私がフリーランスだからではありません。
会社員であるあなたも不安なはずです。

ではどうしたら良いか?
動きましょう。
行動しましょう。

セカンドキャリを持って会社に依存しない生活をしましょうよ!
そして今よりももっと豊かになりましょうよ。
私はその思いでフリーランスになり、今セカンドキャリのために日々行動しています。

絶対あなたにもできます。
5流大学出身の私が言うのですがから間違いないです。
(学歴はあまり関係ないですけど。。。)

これからは行動した者が勝てる時代です。
人生は一度きりですよ!
取り残されないように、負けない生き方をしましょう。