オピニオン

【残業は無駄】常駐エンジニアが840時間カットに成功【残業0】

今日も終電帰り、、、この生活はいつまで続くのかな。

毎日、毎日、残業続き、しんどいですよね。。。
先輩・上司は「今が山場だ、後少しだ」とか言うけど、山いくつあるんだよ?
ずっと山登ってないか?
私は毎日思っていました。

下りの見えない山。
いつこの残業地獄から抜け出せるのか、先が見えないのは不安の何者でもないです。

私はいかなる残業も無駄だと考えています。
基本残業はしません。
打ち合わせが長引いちゃった、こんなことになったら怒り狂います。

無駄な残業をしないためにはどうしたら良いか常に考えていました。
その答えがフリーランスに転職するでした。
結果、年間840時間の残業時間をカットすることに成功しました。

会社員やめてフリーランスSEになってみた。実際のところを近況報告会社員やめました。そしてフリーランスになりました。あんな不安だったことが嘘のようだ。悩みに悩んで決断した結果、実際にフリーランスになってみてどうなか?そのへんをお伝えできれば!!結構フリーランスになるまでのことを書いている人は沢山いるけどなってからのことを書いている人はいない気がする。もし質問があれば気軽にして下さい。...

残業が無駄な理由

残業は無駄か?
はい、無駄です。
やる価値なしです。

残業をして何が生まれますか?
作業が進むことで得られる安心感でしょうか。
恐らくコレしか理由がないんじゃないかな。。。

作業が遅れることで、先輩・上司に怒られ、納期にも遅れ、社内の評価が下がり、出世に響く。
私の会社にもいました。
社内の評価や出生に興味がない人が。
その人は定時になったらさっさと帰ってましたね。

要は残業は自分のためではなく、会社のためにやっているということです。
(言い換えれば自己防衛のためにやっているんですけど)
会社は社員を搾取労働させるだけさせて、特に社員への還元もなし。

あなたが会社を愛し、会社のために生きているんだ、と言う人は別に良いと思います。
会社のために残業して、会社に貢献して下さい。
でも私は違いました。
中間管理職の立場ではありましたが、会社を愛しているわけではもなく、会社のための自分の貴重な時間を使ってまで仕事をするなんて出来ませんでした。

そう思うと、私にとって残業は無駄だったんです。
自分のために時間を使いたいと思ったんです。
とは言っても、残業や〜めた、と言って残業しないスタンスに切り替えるられるほど根性備わっていないので、毎日残業してました。
月の平均で50時間くらいでしょうか。
今考えるとゾッとする時間です。。。

残業をする理由は人それぞれ

残業とは

規定時間後まで残って労働すること。また、その仕事。居残り。

あなたは何故、残業しているのでしょうか?
定時を過ぎてまで仕事をいなければいけない理由はなんでしょうか。

作業が遅れている・納期に間に合わない

この理由が大半かなと思います。
この理由は直接的な理由であって、根本的な理由ではありませんよね?

作業が遅れる理由、納期に間に合わない理由があるはずです。
例えば

  • 成果物の作成に時間が掛かった
  • 病欠により作業ができなかった
  • スケジュールの見積もりが甘かった

この辺りがぱっと思いつく根本的な理由でしょうか。
全ての理由は3つ目のスケジュールの見積もりの甘さだと思っています。

  • 成果物の作成に時間が掛る : 自分の実力がない → 勉強する → 実力を上げる
  • 病欠により作業ができない : 体調管理を徹底する → 休まない

これらを達成することで問題は解消されるでしょう。
でも不可能じゃない?
実力を上げろと言われて、はい実力上げました、なんて無理ですよね?
出来たとしても何年先の話ですかって。。。

病欠で休むな、これも無理です。
体調を自分でコントロール出来る人なんていません。
また体質もあるので、体調を崩しやすい人もいれば、タフな人もいるでしょう。

なので本来はこれらをスケジュールの見積もり時点で考慮しておく必要があるわけです。
作業が進まないリスク、病欠するリスク、これらをバッファとして組み込むんですよ。
(でもバッファの取り過ぎは駄目よ!)

バッファは過去の実績を踏まえて算出すべきです。
過去の実績をデータ化していないのであれば、そこも問題ですね。

そこで話に出てくるのが、スケジュールを長く引いていたら仕事が取れない。
競合他社はもっと短いスケジュールを提案しているので自社が負けてしまうと。。。
だからスケジュールが短くなるのは仕方がない。
なんとか頑張ってくれ。

これは残業が発生することが分っていて案件を受注するということ。
正直どこの会社でもやっていることだと思います。
これをしないと生き残れないから。
でもコレが多くの残業を発生させているんです。

恐らく見積もり時点では残業が発生しない想定で見積もっているとは思います。
こうすれば上手く行くはずだ、この方法なら納期に間に合う。
でも作業ベースの見積もりではなく、納期に間に合わせるためのスケジュールになっていくんです。

結局、納期に間に合わせるスケジュールを作成したいので、作業一つ一つの見積もりが甘くなっていき、病欠することなんて考えていないスケジュールになるわけです。
そうするとキツキツの見積もりが出来上がり高稼働、残業祭りの出来上がりです。

今まで聞いたことがありません。
残業0のプロジェクト。
0じゃなくても、全然残業が無いプロジェクト。
(保守はあるんだろうけど)

そんな会社が勝手に見積もったスケジュールに従えますか?
従っていたら時間がいくらあっても足りませんよ。
常に残業です。
いつまで経っても残業から抜け出せません。

帰りづらい雰囲気

定時になったけど周りは誰も帰ろうとしない。
この状況で帰って良いのだろうか。
今帰ったら同僚になんて思われるだろう。

この気持ち痛いほど分かります。
この考え日本人特有なんだろうな〜

作業している人を残して帰ろうとすると、皆が作業しているんだから手伝ってよ、と言われることもあります。
手伝いたい気持ちはあります。
でも何故残業してまで手伝わなきゃいけないの?って思ってました。

人の目を気にせず帰りましょう。
コレに尽きる。
人の目を気にしたってしょうがいないです。
とは言っても同じ会社の仲間、人の目も気になるし、社内評価も気にしちゃいますよね。

だから私はフリーランスになりました。
周りの目も、社内評価も気にせず生きています。
(もちろん契約先のクライントの評価は気にしてますよ!)
定時になったらスグにパソコンをシャットダウンして帰ります。
残業をしない人というイメージを植え付けています。

残業手当がでるから、結局残業しなきゃいけないから

この考えの人も多いでしょう。
給与が少ないため残業して少しでも給与をアップさせたい人です。
また結局残業するからという理由で業務時間内に作業を終わらせようと考えていない人もいます。

給与が少ないなら残業ではなく違う方法でお金を増やした方が絶対にいいと思います。
いつまでもその生活続けられないじゃないですか。
残業しないで稼ぐ方法を探ったほうが効率よく稼げますよ。

残業が多くなると、残業が当たり前になってしまい、業務時間内で仕事を終わらせようとせず残業あり気で物事を考える人がいます。
どうせ残業するんだから仕事を早く終えても帰れない、残業手当も出るしいいか、という考えなのでしょう。

残業あり気の考え方に慣れてしまうといつまで経っても残業から抜け出せません。
この作業はこの時間に終わらせるといったスケジュール管理も鈍ってくるので作業効率が本当に悪くなります。

残業はしたくないけど、やらなきゃならない

残業なんてしなくない。
でも仕事だからやらなきゃいけないじゃん。

確かにその通りです。
その通りなのですが、それは残業をしなければいけない環境にいるからそうなっているのです。

残業したくないとは言いますが、残業がない仕事、残業がない会社ってあるかな?
って思ったことありますか?
調べたことありますか?

あなたは会社に依存しすぎています。
会社はあなたを労働搾取しているのです。

世の中には残業をしない人はたくさんいます。
運が良く、残業がない会社、仕事に就けている人もいれば、私のように残業が少ない仕事を求めて残業0を実現している人もいます。

もっと視野を広げてみてはどうでしょうか。
そうすることで世界が変わると思います。
世の中にはいろんな働き方があるんです。

まとめ:残業のない生活は簡単に手に入る

残業が嫌でスグ行動に移せる人とそうでない人がいます。
スグ行動に移せる人は残業のない世界を手に入れるでしょう。
行動した人だけが見れる世界です。

でも中には行動に移せない人もいます。
残業が嫌だと思うだけで、なんの情報も得ようとしない人。
残業の辛さで他のことが考えられないのかもしれません。

私はそういう人たちに伝えたいです。
なぜそんなに頑張る必要があるのか。
働き方を変えることで、今の生活がガラッと変わることを。

そして行動に移して欲しいです。
一歩踏み出せば変われます。
結局踏み出さなかったのが数年前の私、踏み出しのが去年の私。

年収もプライベートの時間も増えました。
もっと楽に生きて欲しいです。
質問があれば連絡ください。
お話聞かせて頂きます!

≫クワークに質問したい方はコチラ