オピニオン

【悩迷】退職代行業者・弁護士どっちに頼むのが正解?【臨機応変】

退職代行と一言で言っても数多くの業者があります。
さらにその中でも退職代行業者と法律事務所(弁護士)で分かれるのはご存知ですか?

本記事は見ているあなたはご存知ですよね?
恐らくあなたは退職代行について調べていて、「弁護士に頼む場合と、そうでない場合、何か違うの?結局どっちがいいの?」そう思って本記事を見ていると思います。

実際に退職代行業者にインタービューした私があなたが疑問に思う退職代行の選び方についてお答えします。

あなたは今現在、退職代行業者・弁護士、どちらに頼もうと思っていますか?
退職代行業者or弁護士どちらを選べば良いか、あなたに合う退職代行はどちらなのか正解が知りたいですよね?
本文を読んで答え合わせしましょう!

≫参考:【大人気】退職代行サービスとは?利用するメリットを調べてみた

【大人気】退職代行サービスとは?利用するメリットを調べてみた退職代行ってどんなサービスか気になりますよね?あなたに変わって面倒なことを一挙に代行してくれるのであれば今スグにでも辞めたいと思いませんか。本記事では退職代行サービスとはどんな事をしてくれるのか。退職代行を使った場合のメリット・デメリット、さらに退職までの流れや費用、そして人気がある退職代行をご紹介します。...

 

退職代行業者・弁護士どっちに頼むのが正解?

それでは早速ですが退職代行業者に頼むのか、弁護士に頼むのかどちらが良いかの答えですが、ぶっちゃけてしまうとケースバイケースなんです。
正確な答えがないんです。

腑に落ちない答えで申し訳ないですが事実です。
でもケースバイケースなのであなたに合う退職代行は選び事はできます。

退職代行を選ぶ際は退職代行業者と弁護士のメリット・デメリットを理解する必要があります。
このメリット・デメリットが理解できればあなたに合う退職代行を自ずと見えてきます!

退職代行業者と弁護士の違いについて

退職代行業者はたくさんありますね。
それは既にご存知かと思います。

その数ある退職代行がやれることは同じです。
やれることは同じなので、それぞれ電話やメールの対応時間であったり、料金だったりで差別化して競争しています。

この話は実際に退職代行SARABAを取材して担当者の方とお話したことなので、情報は確かです。
≫参考:【インタビュー】退職代行の実態をSARABAに突撃取材【裏話あり】

【インタビュー】退職代行の実態をSARABAに突撃取材【裏話あり】話題沸騰中の退職代行。数ある退職代行の中で今知名度を上げているのが退職代行SARABAです。なぜSARABAは知名度が上がっているのか?実際にSARABAで働いている方にインタビューしました!退職代行SARABAが選ばれる理由、また退職代行サービスのそもそもの実態も聞いちゃいます。退職代行の利用を迷っているなら必見です。...

 

退職代行業者が出来ることが同じなのは分かった。
じゃ弁護士と異なる点はというと

 

会社側と交渉ができるかどうか

 

ここの違いだけです。
ここの違いだけなのですが、ここが違うだけで退職代行業者と弁護士で出来ることが大きく変わってくるのです。

これは法律※で定められていて、もしお金を貰って会社と交渉してしまうと非弁行為にあたり罰則されてしまいます。

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用:WIKIBOOKS

退職代行業者を選ぶメリット・デメリット

上記で退職代行業者と弁護士の違いを知ってもらったところで、まずは退職代行業者を選ぶメリット・デメリットを理解してもらいます。

メリット
メリットは料金です

退職代行 相場
退職代行業者 30,000円〜50,000円
弁護士 50,000円〜80,000円

 

結構変わってきます。
さらに、弁護士には成功報酬という物が付いてきます
ここが先程言った、「会社側に交渉ができるかできないか」に関わってくるんです。
この続きは「弁護士のデメリット」でお伝えします。

ここで覚えておいて欲しいのは、退職代行業者は料金が安いということです

デメリット
デメリットはだいたいお分かりですよね?
そうです。
会社側と交渉ができないということです

ここで交渉について説明します。
交渉って何するの?と思われるかもしませんが、退職の交渉ではありません。

  • お給料や残業代の未払い分の支払い交渉
  • 有給休暇取得の交渉

これからが該当します。

誰だって働いた文の残業代は欲しいですよね?
残っている有給休暇を消化したいですよね?

でもそれができないんです。
それが退職代行業者なんです。

弁護士を選ぶメリット・デメリット

弁護士のメリット・デメリットは退職代行業者のメリット・デメリットの逆です。

メリット
弁護士は会社と交渉ができます
もしあなたに未払いのお給料・残業代がある場合、その交渉が可能です。
先程も言いましたが、有給休暇取得の交渉もできます。

有給休暇欲しいですよね?
あなたを馬車馬のように働かせ、有給も取れない状況だったのに、辞めるからと言って有給を取らせて貰えないとか「はっ?」って話ですよね。

有給を全て使って辞めましょう。
全有給休暇取得しちゃいましょう!

デメリット
デメリットは料金です。
退職代行業者のメリット部分で少しお伝えしましたが、弁護士は会社側と交渉できるというメリットがあるので高い料金設定となっています

例え会社と交渉しなかったとしても料金が安くなることはありません。
逆に交渉したら高くなるのです。
これが先程言った「成功報酬」です。

成功報酬の金額は法律事務所によって違いますが、経済利益の20%が相場だと思います
経済利益の20%とは、例えばあなたの残業代が未払いで会社側と交渉し100万円を会社側から支払って貰った場合、その100万円の20%にあたる20万円を法律事務所に支払うと言うことです。

退職代行を選ぶポイント

退職代行を選ぶポイントは、ズバリ「交渉事を行うか否か」です
あなたがもし、上記で説明したような

  • 未払い給与・残業代を受け取りたい
  • 有給休暇をしたい

これらの思いがあるなら弁護士さんにお願いすべきです。

弁護士にお願いする際は必ず成功報酬について確認するようにして下さい
成功報酬は法律事務所によってバラバラです。
交渉成功したはいいけど、高い成功報酬を請求されたら気持ちが晴れないですよね!

また給与や残業代の未払い額がどのくらいあるのか把握しておきましょう。
○○十万円あるなら弁護士に頼む価値があると思いますが、数万なら諦めることも考えたほうが良いかもしれません。

ここは悩むポイントなので、もし悩んだら弁護士さんに相談しましょう
相談なら無料の法律相談もあります
相談してから弁護士さんに頼む、頼まないを決めれば良いと思います。

≫参考:安心・安全!弁護士による退職代行 汐留パートナーズ法律事務所

まとめ:退職代行選びはケースバイケース

答え合わせはできましたか?
退職代行業者or弁護士、どちらを選ぶべきかはケースバイケースであることは理解して頂けましたか?

「1秒でも早く辞めたい、安い方が良い」、そう思うなら退職代行業者を選べばいいし
「辞めたいけど未払いの給与・残業代がある、辞める時に有給消化したい」と思うなら弁護士に依頼しましょう。

まずは相談することが大事です。
悩んでても自分ひとりでは絶対に解決できないじゃないですか?
なので退職代行業者にしろ、弁護士にしろどちらでも良いと思います。
まずは相談してみましょう

あなたに合った退職代行業者が見つかると良いですね。
相談は無料で出来るので、無料を存分に使い倒しましょう。
無料なんだから使わないと損ですよ。