インタビュー

【インタビュー】あなたのプログラミングスクールはおすすめ?【暴露】

こんにちは。プログラミングスクールに頭を悩ませるクワーク(@クワーク永瀬)です。

世の中、プログラミングスクールって溢れかえってますよね。
ネットで探せば情報がたくさん有りすぎて、本当か嘘かも分からない情報が多すぎます。

●安い

●講師が現役のエンジニア

●マンツーマン

●就職に強い

色々あるけど、結局どこがいんだよ!ってなりますよね。

正直高いお金払って行くので失敗はどうしても避けたい。
そして時間も無駄にしたくない。

本記事は、実際にプログラミングスクールに通っていた現役フリーランスエンジニアの方に、「あなたが通っていたプログラミングスクールを評価して下さい」という質問をしてみました。

実際に通っていた人の本音が聞けるなんて中々ないですからね!
プログラミングスクール選びの参考にして頂けたらと思います。

プログラミングスクール元受講生紹介

では早速インタビューを受けてくれた受講生を紹介します!

kwacuc
kwacuc
受講生の辻さんです。
よろしくお願いします!
辻さん
辻さん
どうも初めまして。よろしくお願いします。
kwacuc
kwacuc
今回はご協力ありがとうございます。
辻さん
辻さん
いえいえ、私で良ければいつでも協力しますよ!

 

おぉ〜辻さん、良い人(^^)

 

kwacuc
kwacuc
現在辻さんはどのようなお仕事をしているんですか?
辻さん
辻さん
フリーランスとしてシステムエンジニアをしています。
土日は講師としてプログラミングを教えています。
kwacuc
kwacuc
講師もなされているんですね!!
ちなみにプログラミングとは、どんなことを教えているのですか?
辻さん
辻さん
Javaですね。
生徒さんとコミュニケーションが取りやすい少人数制で教えています。

なんちゃってJavaエンジニアがwebサービスを作れるようになる講座」という内容で、Webプログラマーとして一歩踏み出したい初心者向けとなっています。

辻さん
辻さん
宣伝みたいになってしまい申し訳ありません(汗)
kwacuc
kwacuc
いえいえ、素晴らしいですね!
人の役にたっているわけだから、ドンドン宣伝しましょう(笑)

 

「なんちゃってJavaエンジニアがwebサービスを作れるようになる講座」に
興味がある方はこちらから↓↓

 

プログラミングスクールについて〜入学まで

ーーそれでは、辻さんが通われていたプログラミングスクールについて教えてもらえますか。

辻さん:はい。
私が通っていたプログラミングスクールの情報は以下になります。

・スクール名
DIVE INTO CODE

・アクセス
渋谷

・コース名
Webコース

−−DIVE INTO CODE に通われていたんですね!
ネットでプログラミングスクールを調べると検索にヒットするので覚えています(笑)
DIVEを知ったキッカケは何だったんでしょうか。

辻さん:冒頭でもチラっとお話ししましたが、私は現在フリーランスのSEをしています。
フリーランスになる前は、サラリーマンとして金融系エンジニアでひたすらExcelを編集する日々で、そこから脱するために、フリーランスになるためのセミナーに参加したんです。
そのセミナーの登壇者の方(DIVEの卒業生)がDIVEを紹介していたんです。

≫参考:現役フリーランスSEが勧める会社員→フリーランス転身したい方向けの初歩的講座

 

 

−−フリーランスになるためのセミナーでプログラミングスクールの話が出たんですね。ちなみに他のスクールと迷ったりはしなかったんですか。

辻さん:私と同じようにサラリーマンからフリーランスになられた先輩にDIVEの卒業生がいらしたんです。
特に迷いはなかったですね。

−−よほどセミナーで聞いたDIVEの紹介が良かったんですね(笑)

辻さん:そうですね。
当時はまだ開講して1年くらいだったので、大手スクールと違った教えて方にフォーカスを当てているのではないかと思ったんです。
あと私が入学した時は、他のスクールと比べて料金が安かったんです。(298,000円)
それも決めてでした。

 

プログラミングスクール DIVE INTO CODEに入学

−−DIVEに決めたわけですが、実際の講義はどうのようなスタイルで受けていたんですか。

辻さん必須の講義が2週間に1度ありました。
その講義はハンズオン形式のオフライン講義で、それ以外はスクール固有の学習サイトを自宅で実施してました。

−−ということは、ほぼ自宅での学習ということですね。

辻さん:そうなんです。一人で淡々と作業を熟していく感じです。

−−2週に1度の講義はどうだったのでしょうか。講義内容のレベルとか気になりますね。

辻さん:1度講義に遅れたら置いてけぼりでちょっと残念でした。
私の代では未経験者・経験者含め15人いましたが最終的に残ったのは6,7人程度でした。

−−それは残念ですね。
講師の方はどんな方だったんですか。レビューの質など。

辻さん:良い人でした。ただしレビューに関しては、「ここを見て下さい」と他のサイト(Qiita)を丸投げでレビューとは言えない内容でした。
未経験者に対しては、1から丁寧に説明をしていましたが、ただ答えを教えている感じなので実際に技術が身についていたかというと、YESとは言い難いです。

プログラミングスクール DIVE INTO CODE
ここが良かった!おすすめポイント

−−実際にDIVEに通われて、良かったポイントを教えてもらえますか。

辻さん:そうですね。
DIVEを選んだ理由でもお伝えしましたが、値段が安かったのは良かったです。
とは言っても30万円払っていますけどね。。。

あとは同期内で一緒にビジネスをできるパートナーが1人見つかったことです。
今は企業向けのWebサービスを一緒に開発しています。
でもこれはDIVEでなくても出会えたかもしれないので、DIVEに限った話ではないですね。

DIVE限った話だと、発展途上のスクールだったので、改善点が第三者目線から確認できたことです。
プログラミング講師に興味があったので、今後のプログラミング講師としてのナレッジに活かせそうだと感じました。

プログラミングスクール DIVE INTO CODE
ここがダメ!改善ポイント

−−それでは逆に、改善して欲しかったポイントがあれば教えてください。

辻さん:はい。改善して欲しいことは3点あります。

まず1つ目は、毎回講義では「問題解決能力」「コミュニティ」を重要視していたが、コニュニティによる活動は一切ありませんでした。
「あとは好きにやって」と受け身で、同期全員から不評でした。

2つ目は、アフターフォローは就職したい生徒に限定されている感じがしました。
就職先をSlack(メッセージアプリ)で勧めてくるなど、就職を希望としている生徒のみに就職先を勧め、希望としていない生徒には、その生徒がスクールを受講した目的に沿った対応をして欲しかったです。

最後3つ目は、レビュワーの質の向上です。
先ほどレビューの実態はお話はしましたが、スクールの卒業生がバイト感覚で講師を務めていることが多く、そのせいで講師が頻繁に変わったり人によって回答の質がバラバラだったりと、ちゃんとプロ意識を持った講師を選ぶべきだと感じました。

プログラミングスクール DIVE INTO CODE が与えてくれたもの

−−辻さんはプログラミングスクールDIVEに通った結果、どのように成長、変われましたか。

辻さんWeb業界で使用しているツールや、ライブラリなどの情報を仕入れることができました。
またプログラミング講師に興味を持っていたということもあり、自分自身の成長だけではなく、今後の受講生の成長にもつながるような改善点を見つけることができたのは大きかったですね。

あとは何と言っても信頼できる仲間と出会えたことです。
現在ビジネスパートナーである仲間と2人で飲んだり、一緒にサービスを作ったりできて今はとても充実しています。

プログラミングスクール DIVE INTO CODE の評価

−−それでは最後にプログラミングスクールDIVEの評価を教えて下さい。

★    :失敗した。お金返して欲しい
★★   :次回は他のスクールにしたい
★★★  :経過者であれば〇 未経験者はオススメできない
★★★★ :改善点はあるがオススメしたい
★★★★★:満足。超おすすめ。

辻さん★2つです。
ちょっと辛口でしたかね(笑)

私が通っていたころから時間が経ちます。
昔と違い色々と改善されていると思うので、今通ったら星の数がアップしているかもしれませんね。

プログラミングスクールの本音〜最後に

辻さん今回はありがとうございました。
普通に本音を語ってくれて、読者にとっては有益な情報だと思います。
この情報とても参考になると思います。

現在DIVEのサイトを見ると、コースも増えていたり、さらに値段も上がっていたりと、以前のDIVEとは違うようなので、
辻さんのレビューにあるような改善点が改善されているようです。

まずは無料説明会(1時間ぐらい)に参加して見ましょう。
参加されれば現場の雰囲気が分かるので、ある程度スクールの善し悪しが分かりますよ。
※下のボタンクリックしても予約が完了するわけではありません。