インタビュー

【体験談】プログラミングスクールの本音|現役フリーランスSEが語る

こんにちは。プログラミングスクールの本音を探るクワーク(@クワーク永瀬)です。

プログラミングスクールの元受講生に本音を聞くシリーズ第二弾!
シリーズ化してしまいましたが、まぁいいでしょう。

今回もガッツリ本音を聞いてきました!
そして今回紹介していただく元受講生が通っていたプログラミングスクールが、シリーズ第一弾でご登場いただいた辻さんが通っていたプログラミングスクールと同じなのです。

同じプログラミングスクールの元受講生からお話が聞けるなんて中々ないですから〜
色んなデータが集まって情報の信頼度も増しすね!!

≫参考:【インタビュー】あなたのプログラミングスクールはおすすめ?【暴露】

【インタビュー】あなたのプログラミングスクールはおすすめ?【暴露】プログラミングスクール選びって悩みますよね。実際に通った人の話を聞いてみたい、そう思いませんか? 今回、実際に通われた方の体験談を根掘り葉掘り聞いてきました。 プログラミングスクールで悩まれている方は参考にして下さい!...

 

プログラミングスクール元受講生紹介

では早速インタビューを受けてくれた元受講生を紹介します!

kwacuc
kwacuc
元受講生の栗本さんです。
よろしくお願いします!
栗本さん
栗本さん
どうも初めまして。よろしくお願いします。
kwacuc
kwacuc
今回はご協力ありがとうございます。
栗本さん
栗本さん
お安い御用です。

 

kwacuc
kwacuc
現在栗本さんはどのようなお仕事をしているんですか?
栗本さん
栗本さん
フリーランスとしてシステムエンジニアをしています。

主にRubyでのWeb開発です。

kwacuc
kwacuc
Web系なんですね!!
ちなみにフリーになる前もWeb系だったんですか?
栗本さん
栗本さん
いえ、フリーの前は金融系でした。
COBOLとかC言語を使ってたので、今とは全然違いますね。。。

プログラミングスクールについて〜入学まで

ーーそれでは、栗本さんが通われていたプログラミングスクールについて教えてもらえますか。

栗本さん:はい。
私が通っていたプログラミングスクールの情報は以下になります。

・スクール名
DIVE INTO CODE

・アクセス
▶渋谷

・コース名
▶Ruby on Rails 即戦力コース

−−DIVE INTO CODE ということはシリーズ第一弾にご協力いただいた辻さんと同じですね!
DIVEを知ったキッカケは何だったんでしょうか。

栗本さん:知り合いの紹介ですね。

−−他のスクールと迷ったりはしなかったんですか。

栗本さん:知り合いからの説明を聞いた際に、アフターフォローに力を入れていると感じたんです。
当時はアフターフォローをに力を入れているスクールが少ないと感じていたので、特に迷うことなく決めることができました。

≫参考:栗本さんがDIVE INTO CODE を知るキッカケとなったフリーランスSEになるための口座

現役フリーランスSEが勧める会社員→フリーランス転身したい方向けの初歩的講座フリーランスになりたいSEは沢山いると思います。ですが一歩踏み出せない方が大半でしょう。それは色々な不安があるからだと推測します。私も同じ気持ちで数年間もやもやとして動き出せませんでした。その時重い腰を上げ受講したセミナーが私の人生を変えましたね!このセミナーはフリーランス化を目指す人には是非受講して欲しいセミナーです。...

 

プログラミングスクール DIVE INTO CODEに入学

−−DIVEに決めたわけですが、実際の講義はどうのようなスタイルで受けていたんですか。

栗本さん:基本的には教材の内容に沿って課題をクリアしていく、自主学習がメインでした。
2週間に1度講義があり、自主学習で熟した課題を復習するといった内容でした。

また他には、自分の作成したプログラムと他の人が作成したプログラムで差異があるか等の気づきを話し合ったり、後半には共同開発を行ったりなど、自己学習で経験できない他者との開発をメインに講義を行っていました。

−−ということは、その講義では他メンバとコミュニケーションを取りながら進めていったんですね。
その時の雰囲気はどうでしたか?
みなさん活発に意見を交わしていましたか。

栗本さん:講義は課題の内容を話す場でした。なので課題に合格していないと参加し辛い雰囲気があったんです。
そういうこともあり、私の同期は初め20人以上いましたが、最終的に卒業まで残ったのが5人程度でした。

基本は自己学習なので淡々と熟していく感じですが、講義は比較的意識が高い人も多く活発に行われていたと思います。

−−実際の自己学習や講義の内容はどうでしたか?
講義内容のレベルとか気になりますね。

栗本さん:自己学習に関してはオンライン上で進めていき、不明点は質問するという形でした。
メンターによって返答の質も偏りがあり、質問してから回答までにどうしても時間が掛かるので、自習室(渋谷)に行って作業して、不明点があれば直接聞いていました。

なので基本は自宅で自己学習というよりは、渋谷の自習室での作業の方が多かったです。
また自己学習という点で、学習している内容の目的(何のために学習しているのか)が理解できない人にとっては、付いていくのが難しいと感じました。

中には難易度の高い課題もあるので未経験の人が仕事の合間に熟せる内容ではなったですね!
実際に私の同期の脱落者数からみても、未経験者には難しいと思いました。

−−それは残念ですね。
講師の方はどんな方だったんですか。レビューの質など。

栗本さん:レビュアーは本当に人によると思いました。
しっかり見てくれる人もいれば、細かいところまで見られていないけど合格になったりだとか。。。

レビューをお願いすると毎回違う人が見ることもあったので、
指摘内容とかはしっかり共有したり、同じ人が見たりと内部で工夫して対応して貰いたかったですね。
(勤務上同じ人が見るのが難しいのかと思いますが…)

DIVE INTO CODE ここが良かった!おすすめポイント

−−実際にDIVEに通われて、良かったポイントを教えてもらえますか。

栗本さん:オンライン上のやり取りだけでなく、渋谷の自習室も使えて、卒業後も使用可能なので、コワーキングスペースとして使えるのは良いポイントですね。
渋谷が近い人にはオススメです。

また他人と開発を進める経験はスクールではなかなか出来ないところも多いと思うので、良かったと思います。
ただ、共同開発をかなり短い時間で進めるので、もうちょっと共同開発に時間を割いても良いと思いました。

DIVE INTO CODE ここがダメ!改善ポイント

−−それでは逆に、改善して欲しかったポイントがあれば教えてください。

栗本さん:教材の変更が頻繁に行われていたことです。
学習中に翌日見たらドキュメントが変更されててどこやっているかわからない
的なことが多々あったので、改変するのは良いが周知するなりして欲しかったです。

プログラミングスクール DIVE INTO CODE が与えてくれたもの

−−栗本さんはプログラミングスクールDIVEに通った結果、どのように成長、変われましたか。

栗本さん現場でも特に困らないレベルまでRubyを扱うことができるようになりました。以前勤めていた会社の研修でプログラミング(Java)の経験とレビューアの経験があったこともあり、プログラミングの基礎的なところは理解していたため、Rubyの学習はあまり苦労せずに学習できました。

ただ、人によって成長度合いは異なると思っており、
自分の場合はわからないことがあれば自分で調べてからそれでも分からなければ
質問するような学習方法だったので、あまり質問せずに調べる癖が付いていたのですが、中には分からなければすぐに質問したり、自分で調べようとしない人もいるので、そのような人に関しては、現場で通用するレベルに達するのは難しいと思いますね。

プログラミングスクール DIVE INTO CODE の評価

−−それでは最後にプログラミングスクールDIVEの評価を教えて下さい。
★    :失敗した。お金返して欲しい
★★   :次回は他のスクールにしたい
★★★  :経過者であれば〇 未経験者はオススメできない
★★★★ :改善点はあるがオススメしたい
★★★★★:満足。超おすすめ。

栗本さん★3つです。

Dive into Codeはプログラミング経験者が別の言語を習得する目的で行くなら良いと思います。

未経験から始めるとそれだけの努力と時間が必要になります。本当にここで学習するのが良いかどうかをしっかり考えないと、お金と時間だけが無駄になってしまうので、その辺も踏まえてスクールを決めてもらえたらと思います。

まとめ:迷っているならまずは無料説明会に行くべし

栗本さん今回はありがとうございました。
今回も素直な感想が聞けて、読者にとっては有益な情報だと思います。
この情報とても参考になると思います。

栗本さんが通われていたのが一年くらい前です。
そこから価格の改定が行われていたりなど方針が色々と変わったようなので、栗本さんが通われていた時とは違うかもしれません。

ですが栗本さんが言われているようなグループで開発を進めることが出来るのは今後実践でプロジェクトに参加することを目標としている人にとってはとても良い経験になると思います。
そこが DIVE INTO CODE の強みだと思います。

まずは無料説明会(1時間ぐらい)に参加して見ましょう。
参加されれば現場の雰囲気が分かるので、ある程度スクールの善し悪しが分かりますよ。
※下のボタンクリックしても予約が完了するわけではありません。